column/コラム2

プラチナ<そこにあるもの2010>

独りで生まれ 独りで死にゆく たった一つの個

流れる血 刻まれる記憶 歴史も人はそれぞれ違うのに
なぜ 同じ月や花を見て美しいと感じるのだろう
なぜ 死を悲しみ 生命を慈しむのだろう

私はそこに それぞれが繋がっている何か 共鳴する何か
眼には見えないけれども 確かに何かが有るのだと感じる

『そこにあるもの』

すぐそこ(it)にあるもの 血や地の底(bottom)にあるもの

そんな 形にならないものを形にしたいと思うのは

 ただ 作品を通して

何かと 誰かと 共鳴し繋がっていたいだけなのかもしれない

そんな -祈り-

イメージそれは 線 色 質感 空気 音 と結びつき
フォルムや形態は時間と空間で 変化する
自分のフィルターを通した 自然の断片 機械のパーツ
そして用途の あるものないもの

金属は天然の鉱物 工業製品 マネー 様々な側面を持ち合わす
人と同様に刻まれた記憶 歴史 そして地に還る事
素材を前に 私の感情はあまり意味の無いものとすら思えてくる
ただ 静かに対話しつつ互いの着地点を探ってゆく 作業

2010年 『N.E.Blood 佐々木里恵展』(リアスアーク美術館)によせて


-Menu-

  1. <そこにあるもの>2007年 個展『そこにあるもの』(ギャラリー杜間道)によせて
  2. <そこにあるもの2010>2010年 個展『N.E.Blood 展』(リアスアーク美術館)によせて
  3. <私の中のゲンジツ>2014年 リアスアーク美術館20周年記念特別展『震災と表現 BOX ART~共有するためのメタファー』によせて